CADdoctorの最新版EX7.0が登場。CAE業務を効率化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エリジオンは2015年11月30日、3次元データ変換・活用支援ツールCADdoctorの最新版「CADdoctor EX7.0」を発表した。アセンブリの外形や内部空間を自動で抽出する機能など、CAE業務を効率化する機能を拡充したと報告している。

アセンブリから外形や内部空間を抽出するには、部品間の隙間を埋めて1つのソリッドモデルを作成する必要がある。従来では、CADソフトを使って手作業で1つずつ埋めるしか方法がなかった。

この問題の解決を見込んで、CADdoctor EX7.0には部品間の隙間を自動で除去する新機能が搭載された。これにより、アセンブリの表面形状が手間と時間をかけずに抽出できるようになったという。

同製品は、アセンブリの内部空間を自動でCADモデル化する機能も新たに搭載。そのため、製品内部を流れる気体や液体の解析も効率よくできるようになった。

他にはリバースエンジニアリングの機能を改善したため、CAEツールで作成したポリゴンデータから高品質なCADデータを作成することが可能になった。例えば、樹脂製品の流動解析を行い成形による反りなどの変形をシミュレーションし、そこで得られた変形後形状のポリゴンデータから高精度なCADデータを作成できる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る