富士通研究所のACアダプター、モバイル機器の急速充電を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士通研究所は2015年12月9日、モバイル機器の急速充電や充電時の消費電力削減を可能にする12ワット出力ACアダプターの試作品を発表した。12月10日木曜日から東京ビッグサイトで開催の展示会「エコプロダクツ2015」に出展する予定だ。

同製品は、高速のスイッチング動作を実現する「窒化ガリウム高電子移動度トランジスタ(GaN-HEMT)」を採用。また損失電流の発生を抑制するため、スイッチングのタイミングを正確に制御する回路を導入した。

その結果、12ワット出力のACアダプターでは世界最小の本体容積15.6ccと、世界最高の電力効率87%を達成。さらに、モバイル機器の急速充電を従来と比べて3分の1の早さで可能にするほか、充電時の消費電力を5割削減することに成功した。

富士通研究所は、ACアダプターの小型・高効率化をさらに進める予定だ。2017年度中の実用化を目指すほか、ノートパソコンなどへの展開も進めるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る