電子情報産業の世界生産額、今後の見通しは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子情報技術産業協会(JEITA)は2015年12月16日、「電子情報産業の世界生産見通し2015」を発表した。

JEITAのレポートによると、スマートフォンや薄型テレビの拡大に加えて為替の上ぶれもあり、電子情報産業における2015年の世界生産額は318兆870億円(前期比13%増)と4年連続でプラス成長を遂げる見込みだ。一方でCPSやIoTが今後の牽引役を担い、2016年度の世界生産額は327兆2898億円になる見通しだという。

電子情報産業における2015年の日系企業生産額(海外生産分を含む)は、42兆7968億円(前期比7%増)と3年連続でプラス成長を遂げる見込み。世界市場での高信頼性・高級志向の高まりや省エネ・小型化の進展に日系企業の優位性があることから、2016年度の日経企業生産額は43兆4816億円となる見通しだ。

JEITAは電子工業(電子機器と電子部品・デバイスを合わせたハードウェア)の生産額についても言及。2015年度の世界生産額を前年比14%増の234兆5827億円、日経企業生産額を前期比8%増の36兆8258億、国内生産額を前年比7%増の12兆5802億円と見込んだ。今後も電子部品・デバイスの輸出拡大や国内需要の改善が期待できることから、2016年の国内生産額を12兆9426億円と予測した。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る