Ruby bizグランプリ、Rubyで躍進した企業を表彰!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ruby bizグランプリ実行委員会は2015年12月17日、プログラム言語・Rubyを活用してイノベーションを起こした企業を表彰する第1回「Ruby biz Grand prix 2015」を開催した。国内外からノミネートしたIT企業30社の中から、大賞2社と特別賞3社に加えてエンタープライズ パイオニア賞2社を選んだ。

大賞の栄冠に輝いたのは、トレジャーデータとユビレジだ。トレジャーデータの古橋貞之氏は表彰式で、「Rubyを活用することで、プラグイン機構による高いカスタマイズ性を実現できた」とRubyの強みについて言及。ユビレジの木戸啓太氏は、iPadで使えるPOSレジシステム・ユビレジの開発スピードにRubyの柔軟性が貢献したと語った。

特別賞はHipByte、GMOペパボ、マネーフォワードが受賞。HipByteのLaurent Sansonetti氏は「RUBYMOTIONを使えば、モバイルアプリの開発者を外注する必要がなくなる」とRubyの魅力を紹介。GMOペパボの佐藤健太郎氏は、同社のハンドメイドマーケット・minneについて「現在はユーザーの9割が女性だが、今後は民芸品などを取り扱うことで、地方創生にも取り組んでいきたい」と今後の目標を語った。マネーフォワードの辻庸介氏も「今後もRubyという良いツールを利用し、お金の問題をテクノロジーで解決したい」とコメントした。

エンタープライズ パイオニア賞は、ベニックソリューションとテクノプロジェクトが獲得した。ベニックソリューションの倉本敦司氏は、「ものづくりを支えている製造業として、地道な活動をしてきたが、日頃の活動が評価されて嬉しい」と受賞の喜びを表現。テクノプロジェクトの吉岡宏氏は、同社の医療情報ネットワーク・Mame-NETが、医療のリソースが不足しているベトナムで重宝されていることを伝えた。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る