ジェイテクト、ストレート研削とアンギュラ研削の切替えが可能なCNC円筒研削盤「GL4i-SWITCH」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイテクトは2018年7月30日、ストレート研削とアンギュラ研削の切替えが可能なCNC円筒研削盤の新型「GL4i-SWITCH」を開発し、同日より発売すると発表した。同社の従来機「SelectGⅡ」の後継機となる。

GL4i-SWITCHは、ストレート、アンギュラ45度、アンギュラ60度の3パターンのといし台の切り替えが可能で、アイソレーションカバーやといし軸ファンクーラーを標準付属。主軸台/といし台冷却、リニアスケール仕様などの高精度仕様の選択も可能だ。

心間500mm、2000mmやワーク重量300kg仕様、作業性の優れたフルカバー仕様をそれぞれラインナップに追加しバリエーションが増えた。また、最新のHMI「TOYOPUC-Touch」を標準搭載し、操作性や保守性、視認性を向上させた。

主な仕様は、センター間距離が500、1000、1500、2000mm、テーブル上振りがφ320、研削直径がφ0~φ300mm、センター間負荷質量が150kg、といし外径×といし幅がφ510×75mm、といし周速度が45m/sとなっている。また、機械寸法は3600×1920mm(センター間距離500mmの場合)だ。

主な加工物は、工作機械スピンドルやボールねじ、ツールホルダー、ミッションシャフト、カムシャフト、超硬工具、建機用シャフトなどを想定。メーカー希望小売価格は1370万円(標準本体、センタ間距離500mm、税別)で、年間20台の販売を目指す。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る