トヨタ、自動運転車両向けに地図自動生成システムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2015年12月22日、自動運転の走行に必要となる高精度地図を自動的に作成する「地図自動生成システム」を発表した。2016年1月6日~9日に米国ネバダ州ラスベガスで開催の「2016 International CES」へ出展するという。

同システムは、豊田中央研究所が開発した空間情報の自動生成技術「COSMIC」を採用。車載カメラが収集した画像データやGPSの位置情報をもとに、高精度地図データを作成する。

走行軌跡を高精度に推定する技術、および複数車両から収集した路面画像データを統合・補正する技術により、直線路での位置誤差を5cm以内に抑えた。さらに情報収集に市販車両や既存インフラを活用することで、リアルタイムのデータ更新や安価なシステム構築も可能にした。

トヨタ自動車は2020年頃の実用化を目指して、一般道や道路上の障害物に対応する機能など、地図自動生成システムの機能を拡張する予定。高精度地図データの公共・民間サービスでの活用も視野入れて、地図メーカーとの連携も強化するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る