ヤマハ、本社構内に新たな研究・開発拠点新設へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハは2016年1月12日、研究・実験設備を備えた開発棟(21号館)を本社構内に建設すると発表した。既存の開発棟(18号館と20号館)と合わせ、同施設を「イノベーションセンター」として位置づける方針を打ち出している。

新開発棟は2016年末頃に着工され、2018年春に竣工する予定。階数が地上7階建、建物高さが約32m、ならびに延べ床面積が約3万5000㎡になるという。

ヤマハは新開発棟に、本社構内や豊岡事業所(静岡県磐田市松之木島 203)の技術者約1100人を収容すると明らかにしている。既存施設の人員を含めて、イノベーションセンター全体では計約2500人の技術者を集めるという。

なお、製品開発の歴史を展示するスペース「(仮称)イノベーションロード」を開発棟の1階に開設し、社員や来訪者に公開するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る