ホンダ、両足だけで運転操作可能な補助装置をFIT HYBRIDに採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは2016年1月15日、両上肢での運転操作が困難な人が両足だけで運転できる補助装置「Honda フランツシステム」を、新たに「FIT HYBRID」に装着可能にし、発売することを発表した。

フランツシステムは左足の前後回転運動によるステアリング操作を可能にする「足動運転補助装置」だ。1965年にドイツで開発された。ホンダは開発者フランツ氏の技術指導の下、独自技術を加えて1982年に国内初のフランツシステムを発売した。現在日本で同システムを提供しているのは同社のみという。

従来のフランツシステムと比較して利便性や快適性が向上した。ユーザー1人1人にフィットするようにオーダーメイドでの注文もできる。

発売は2016年3月中旬を予定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る