シーエムシー・リサーチ、セミナー「自動車メーカーに採用されるCFRP」を開催へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シーエムシー・リサーチは2016年2月1日、「自動車メーカーに採用されるCFRP~超軽量化技術の開発を目指して~」と題するセミナーを開催すると発表した。

車体軽量化に積極的な自動車メーカーは、強度と軽さを併せ持つ炭素繊維複合材料(CFRP)の採用を推進している。また、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の試算によると、鋼を主構造とする車両の重量が1380kgである一方、CFRPを採用した車両は410kg(約30%)の軽量化が可能になり、22.5%の燃費改善が見込めるという。

こうした背景を踏まえ、セミナーではCFRPの特性や成形加工などを解説するほか、自動車や工業分野での用途事例を紹介するとしている。詳細は以下の通り。

セミナー開催日程およびテーマ
テーマ :「自動車メーカーに採用されるCFRP~超軽量化技術の開発を目指して~」
開催日時:2016年4月18日(月)13:00~16:30 開場 12:30
会 場 :『あすか会議室 神田小川町』4階 401 会議室
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-1-7 日本地所第7ビル
参 加 費:48000円(税込) *資料代含*メルマガ登録者は 43,000円(税込)
申込方法:シーエムシー・リサーチHPから申し込み可能
聴講券、会場地図、請求書は、折り返し送付するとしている。

セミナープログラム
1. 電気自動車に採用された量産車用CFRP、国内外の自動車メーカーの動向
講師 山根 健(山根健オフィス 代表) 13:00~14:40
 1.次世代自動車への課題
  1)さまざまな規制
 2.CO2削減のための技術
  1)パワートレイン改良によるCO2削減
  2)総合的なCO2削減
  3)軽量化によるCO2削減
 3.電気自動車の役割と課題
  1)BMWにおける電気自動車の開発
  2)電気自動車の現状と問題点
 4.自動車用材料の転換研究
  1)BMWにおける材料開発事例
  2)樹脂製車体を用いた市販自動車例
 5.量産車体へのCFRP採用の取り組み
  1)CFRP採用ロードマップ
  2)量産型電気自動車へのCFRP適用設計
  3)量産型電気自動車へのCFRP製造プロセス開発

2.自動車用途に要求されるCFRP、および研究開発動向
講師 影山 裕史 金沢工業大学 大学院工学研究科 高信頼性ものづくり専攻 教授(前トヨタ自動車 有機材料技術部 主幹) 14:50~16:30
 1.自動車を取り巻く環境の変化
 2.自動車におけるCFRPへの期待
  1)材料開発の方向
  2)CFRPへの期待
  3)CFRPとは
  4)CFRPの需要
  5)他産業のCFRP動向((なぜ、CFRPが使われるのか?)
 3.自動車CFRP技術の現状
  1)CFRPの歴史
  2)脱航空・宇宙用CFRP技術
  3)スポーツカーへの展開
  4)エコカーへの展開
 4.自動車CFRP技術の今後
  1)LCA的観点から
  2)後工程への影響と対策
  3)CFRPから学ぶ次の自動車材料

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る