【展示会レポート】DLDMLH-FS 面状体無負荷U字伸縮試験システム/ユアサシステム機器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユアサシステム機器は、1月13~15日に東京ビッグサイトで開催の「電子部品・材料EXPO」に出展し、小型卓上型耐久試験機などを展示した。

この試験機は、タッチパネルなどの液晶画面に組み込むフィルムの曲げ試験に用いる。ある大手メーカーからは「展示会終了後、すぐに貸し出してほしい」と依頼されるほど、引き合いが多くなっている。大手フィルムメーカーや、PC・タブレット・スマートフォンなどの液晶画面を使う機器のメーカーから多く問い合わせが入っているという。

特徴は、機械的ストレス試験規格「IEC 62715-6-1」で示された試験例を踏まえて、より正確な評価が得られるように改良しているところ。「曲げる」「巻く」「ねじる」「引っ張る」という4つの分野のうち、「曲げる」分野の試験例に沿って耐久試験を行える。

従来の試験器では、試験に用いるサンプルに大きな張力が発生し、予想外の破壊や試験結果のばらつきが生じてしまっていた。その問題点をユアサシステム機器が解決し、小型卓上型耐久試験機器を開発。好調な売れ行きを示しているという。

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る