ローム、IoT機器の開発工数を削減する8種のセンサシールドを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロームは2016年2月16日、ArduinoやLazurite、mbedなどのオープンプラットフォーム(汎用マイコンボード)で、加速度や気圧など8種類の情報を測定できるセンサシールド(拡張ボード)「SensorShield-EVK-001」をインターネットで販売開始したと発表した。

SensorShield-EVK-001は、ロームの既存センサ8製品をそれぞれ基板実装し、オープンプラットフォーム接続用ボードをキット化したもの。現在、「加速度センサ」「気圧センサ」「地磁気センサ」「照度近接センサ」「カラーセンサ」「磁気センサ」「温度センサ」「紫外線センサ」の8種を用意。「ジャイロセンサ」と「10軸モーションモジュール」は開発中だ。

これらのセンサシールドは、電子工作分野で普及しているArduino Unoなどに接続し、ソフトウェアを組み込むことで、加速度を始めとした情報を簡単に測定できるようになる。結果として、センサデバイスの評価や導入が容易になり、IoT機器の開発工数を大幅に削減することが可能になるという。

SensorShield-EVK-001は2016年2月から、チップワンストップとコアスタッフの2社にてインターネット販売を開始している。また、同製品でセンシングを実現するために必要な各種ドキュメントやソフトウェアは、ロームのWEBサイトからダウンロードできる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る