今年度のIT投資総額、製造業は前年度比105%の4兆8500億円、ミック経済研究所予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミック経済研究所は2016年3月15日、「2016年度従業員規模別・業種別IT投資動向調査310社」を発表した。

調査結果に基づいて同研究所が予測した国内製造業における2016年度のIT投資額は、約4兆8500億円となり2015年度の約4兆6210億円に比べ105%に増加した。

調査では、製造業の69.5%が2016年度の投資計画を前年比横ばいとしたが、投資額増の19.5%が、投資額減の11.0%を上回った。

投資計画増加の要因としては、システム更新が最も多く60.9%、続いて内部統制・セキュリティ強化が13.0%、生産性・効率化向上が8.7%となっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る