NEDOの「次世代人工知能技術社会実装ビジョン」、人工知能技術の出口分野への効果を可視化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2016年4月21日、人工知能技術の進展予測と出口分野への効果を時間軸上に可視化した「次世代人工知能技術社会実装ビジョン」を発表した。

人工知能技術は、第四次産業革命をもたらす基盤技術の一つと言われ、社会や産業を大きく変革させる技術として期待されている。しかし、人工知能技術の影響が及ぶ範囲は非常に広範であるため、「実際に企業や個人に対してどのような変化をもたらすのか」について議論するのは容易ではなかった。

NEDOは今回、上述の議論の土台を築くために、有識者で構成される検討会(次世代人工知能技術社会実装ビジョン作成検討会)を組織。人工知能技術の進展予測と出口分野への影響について議論を重ね、その結果を今回発表のビジョンとしてまとめた。

同ビジョンでは、「現在~2020年」「2020年~2030年」「2030年以降」という3つの時間軸、また「ものづくり」「モビリティ」「医療・健康、介護」「流通・小売、物流」という4つの出口分野において、人工知能技術や関連技術の進展と効果を示している。

NEDOは今後、産業界や学術界などと意見を交わし、ビジョンを更新していくという。また、政府に設置された人工知能技術戦略会議で議論される予定の人工知能産業化ロードマップの策定にも貢献していく予定としている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る