日立化成、従来品より耐久性を1.5倍に高めたアイドリングストップ車用バッテリ発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日立化成は2016年5月17日、同社従来品より耐久性を1.5倍に高めたアイドリングストップシステム(ISS)車向け鉛バッテリの新製品「Tuflong G3」を発表した。

ISS車に搭載するバッテリは頻繁に充電と放電を繰り返すため、通常の車にくらべて大きな負荷がかかる。その結果バッテリが劣化しやすいことから、耐久性と充電受入性能に優れたバッテリが求められてきた。

Tuflong G3は、バッテリ劣化の原因となる電解質の成層化現象を抑制できる新型のセパレータ(G3セパレータ)を採用。同社従来品と比較して1.5倍の耐久性を持つとしている。車両搭載時の経年劣化が少なく、エンジン始動を数万回分繰り返した状態でも、同社の従来IIS対応バッテリと比較して車両の燃費効果が高いことを実証したという。

軽自動車向けのM-44サイズを2016年6月に先行発売し、普通車向けは同年秋に発売する予定だ。製品保証は距離無制限の38カ月となっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る