村田製作所、世界最小0201サイズの高周波インダクタ量産開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田製作所は2016年6月16日、世界最小0201サイズ(0.25×0.125mm)の高周波インダクタ「LQP01HQシリーズ」の量産を8月に開始すると発表した。

LQP01HQシリーズは外形寸法が0.25×0.125×0.20mmで、従来の0402サイズに比べて実装面積を約2分の1に削減できる。その上、0402サイズの「LQP02TNシリーズ」と同等のQ特性を備えている。

Qとは、DF(Dissipation Factor)誘電正接の逆数を意味する。Qが高ければ高いほど、ロスが少なく高性能だという。

LQP01HQシリーズは現状、0.3~2.7nHまでの25アイテムを揃えている。ラインナップについては、2016年末にかけて10nHまで拡充していく予定だ。サンプル価格は1個当たり5円となる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る