東芝、最大定格40Vで定格電流2.0Aの2chステッピングモータドライバを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東芝は2016年7月28日、最大定格40Vで定格電流2.0Aのバイポーラ・2chステッピングモータドライバ「TC78S122FNG」の量産を8月5日から、小型のQFNパッケージを採用した「TC78S122FTG」の量産を8月末から開始すると発表した。

TC78S122FNGとTC78S122FTGは、2つのステッピングモータを同時駆動できる2chのドライブ機能を搭載。2in1に部品を集約することを達成し、基板における省スペース化を可能にした。

OA機器などで多く使用される2.0Aのモータ駆動電流領域では、IC自身の発熱により連続駆動ができなかった。だが両製品では、出力抵抗を従来品より50%削減して発熱量を低減させ、2ch同時駆動を実現したという。

また、TC78S122FNGとTC78S122FTGはステッピングモータの駆動chだけでなく、DCブラシ付きモータ駆動用のI/Fも内蔵している。そのため、ステッピングモータ1chやDCブラシ付きモータ2chなどの多様な組み合わせが可能となり、ユーザーの選択の幅が広がった。

他には、待機時の消費電流を削減するSleep機能、過熱検出や過電流検出などの異常検出機能、異常検出信号出力機能(ERR出力)などを搭載。また、単一電源駆動による電源投入シーケンスフリー化に対応した。

パッケージはTC78S122FNGが12.5×8.1×1.2mmのHTSSOPで、TC78S122FTGが7×7×0.9mmのQFN。駆動ch数はステッピングモータの場合で最大2ch、DCブラシ付きモータの場合で最大4chとなる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る