新型マルチステージハイブリッドシステムなどを投入、トヨタの新型パワートレーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2016年12月6日、同社の「いいクルマづくり」の構造改革「Toyota New Global Architecture(TNGA)」により、エンジン、トランスミッション、ハイブリッドシステムを一新した新型パワートレーンを発表した。ハイブリッドシステムを一新し、新開発のマルチステージハイブリッドシステムなどを投入する。

新型の2.5Lエンジン用ハイブリッドシステム「2.5L Dynamic Force Engine用THSⅡ」は、小型/軽量/低損失化技術とTNGAによる新型エンジンの高い燃焼効率と高出力とのシナジー効果により、優れた動力性能と低燃費を両立させた。

新開発の マルチステージハイブリッドシステム「マルチステージTHSⅡ」は、高い発進加速性能を実現しており、高速走行時のシステム効率の向上に加えて、高車速域でもエンジン間欠運転を可能にすることで高速燃費を向上させた。

さらにプラグインハイブリッドのシステムも一新した。従来のモーター走行に加えて、これまで発電機として使用していたモーターを、走行用としても使用するデュアルモードドライブシステムにより、力強いEVモード走行を実現している。

また、大容量のリチウムイオン電池の採用したことで、プリウスPHVのEV走行換算距離を60km以上と大幅に延ばした。

新型パワートレーンは、2017年以降に搭載車種を大幅に拡大していく予定だ。

関連リンク

プレスリリース

トヨタハイブリッドシステム-THSⅡ- | トヨタグローバルニュースルーム

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る