日立産業制御ソリューションズ、鋳造シミュレーションシステムの最新版発売。熱伝達解析精度などが向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日立産業制御ソリューションズは2017年1月31日、同社の鋳造シミュレーションシステムの最新版「ADSTEFAN Ver.2017」を発売した。

「ADSTEFAN」は、CAEソフトウエアの一種で、素形材の製造現場における鋳造欠陥を事前に予測できるシミュレーションシステムだ。鋳型内への溶融金属の流入や凝固状態をシミュレーションしてその過程を3次元で表現できる。これにより試作回数の削減や開発期間の短縮、また品質の向上が可能となる。

今回発売の最新版では、温度解析ソルバを金型温度解析と凝固解析に適用することによって、直交差分法では困難だった曲面形状の鋳物や鋳型の接触面における伝熱状態の評価精度を向上させた。

また、製品のX線CT撮像データから抽出した欠陥部の情報と解析結果をシステム上で重ね合わせて表示することで一致率が数値化されるようになり、比較検証の精度が向上した。

さらに、ライセンス体系を見直し、異なる解析の同時実行と複数CPUによる並行計算を組み合わせることができるようになった。これにより、設計業務における解析時間の短縮が可能となっている。

今後日本語、英語、中国語の3言語に対応するADSTEFAN Ver.2017を、インドや中国、東南アジア地域などにも3月から販売し、年間150ライセンスの販売を目指すという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る