鋼のように強く紙のように薄い樹脂製リボン「Braeön」――3gで2200kg超の自動車をけん引

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鋼のように強く紙のように薄いプラスチック製リボン「Braeön」のプロジェクトがKickstarterで立ち上がり、目標額の約5倍に相当する7万4981ドル(約845万円)を集めた。

Braeönは、高強度・軽量のプラスチック製リボン。合成繊維と熱可塑性プラスチックを組み合わせた素材で作られている。1枚で900kgを超える引張強度がある。

YouTubeに公開された動画には、Braeönで作った3つのリベット(合計約3g)を使用し、2200kgを超える自動車をけん引して傾斜30度の坂道を上る様子が映っている。

Braeönは60℃で軟化するので、熱湯に浸してから成形し、工具のグリップ、医療・スポーツ用プロテクタ、副木などに加工することも可能だ。再度加熱すれば形状の修正もできる。低温、磨耗、刺し傷、水分、化学薬品に対する耐性も高い。

Braeönというネーミングは「接着されたもの」を意味する古ノルド語「bræða」に由来。北欧神話に登場する絹のリボンのように薄く鉄の鎖より硬い魔法のひも「グレイプニル(Gleipnir)」から思い付いたそうだ。

Kickstarterでのキャンペーンは2017年3月10日に終了した。キャンペーン価格から見て、小売価格は1フィート当たり1ドル(約300mm当たり110円)程度になりそうだ。

関連リンク

Braeön
Braeön – World’s Strongest and Most Adaptable Material

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る