10万dpiのプリンティングが可能に? インクを使わないレーザープリント技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube/Science Magazine Laser printer makes colors without ink

デンマーク工科大学は2017年5月9日、同大学の研究チームがインクを使わずにレーザープリンターで色を付ける技術を開発したと発表した。5月5日付の「Sciences Advances」に同技術に関する論文が掲載された。

同研究チームは、染料や顔料を使わず、プラスチックを使って60nm(ナノメートル)の円柱がつくる「メタサーフェス」を作成。その表面に35nm厚でゲルマニウムを塗布した。

続いて、レーザープリンターを使ってメタサーフェスにレーザーを照射。ナノ秒単位で瞬間的に1000℃以上に温度を引き上げ、表面の形状を変化させた。レーザーの強さによって表面の形状の変わり方が異なることから、反射する光の波長も変わり、目に見える色が変わっていくことを確認した。

レーザーが加熱する範囲は極めて狭いため、10万dpi以上の解像度を実現することも可能だという。さらに顔料や染料を使った着色と比べて、時間が経っても色あせないという利点もあるとしている。

関連記事

理研、ナノサイズの四角形と間隔の組み合わせで自在に色を作るメタマテリアル・カラー技術を確立

関連リンク

Resonant laser printing of structural colors on high-index dielectric metasurfaces
DTU Nanotech paper in Science Advances

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る