安川電機、世界初となるGaNパワー半導体搭載のアンプ内蔵サーボモーターを販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンプ内蔵サーボモータ(Σー7Fモデル)

安川電機は2017年5月23日、ACサーボドライブ「Σ-7」シリーズの新製品として、世界初となるGaNパワー半導体を搭載したアンプ内蔵サーボモーター「Σ-7Fモデル」を発売した。

高放熱構造を採用するなどしてアンプ部分を小型化。サーボモーターとサーボパック機能を一体化した。従来のサーボパックのアンプ部と比較して、体積を2分の1に縮小した。そのため、多軸のサーボシステムにおいては、制御盤内にある複数台のサーボアンプがコンバーターのみになり、制御盤を小型化できる。

GaN(窒化ガリウム)を使用したパワー半導体は、Si(ケイ素)半導体と比べて、高温でも動作して、絶縁破壊電界強度が高い。さらにSiC(炭化ケイ素)を使用したパワー半導体よりも飽和電子移動度や電子移動度が高く、高速スイッチング性能の面で優れている。そのため、高効率なパワー半導体として採用が広がるのではないかと期待されている。

170529_yasukawa2

同製品の主な用途としては、搬送装置、食品・包装機械、その他一般産業用機械を想定している。販売価格はオープン価格だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る