デンソー、熱電対を内蔵した新型熱流センサー「Energy Eye」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デンソーは2017年7月25日、熱電対を内蔵した高感度、薄型の熱流センサー「Energy Eye(エナジーアイ)」を9月から発売すると発表した。

熱流センサーは、熱エネルギーの流量と方向を同時に検知できるセンサーだ。従来製品開発などで多く利用されてきた熱電対と比較して、温度変化に対する感度が向上し、しかも放熱や受熱の方向を検知できる。

同社では2016年5月に熱流センサー「RAFESPA(ラフェスパ)」を発売しているが、今回の新製品は絶対温度も同時に計測できるように熱電対を内蔵した。なおRAFESPAブランドは廃止となり、Energy Eyeブランドに統一するという。

今後は、製品開発段階での熱エネルギー解析に有効な計測用熱流センサーの開発を進めるとともに、将来の工場向けIoTデバイスとして活用可能な設備組み込み用熱流センサーの開発を進めるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る