ローム、完全銀レス化した赤色LEDを開発――黒変を防ぎ、光度残存率を約40%改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロームは2018年2月20日、完全銀レス高光度赤色LED「SML-Y18U2T」を開発したと発表した。赤色LEDを完全銀レス化したのは、業界初だとうたっている。

従来品は、素子ダイボンディングに使われている銀ペースト部の黒変によって、LEDの光度低下を招いていた。今回開発したSML-Y18U2Tは、ダイボンディングペースト、フレームなどに金などを用いることで完全銀レス化した。

完全銀レス化したことで、銀腐食で起きるLEDの点灯不具合が解消され、アプリケーションの信頼性が向上。240時間にわたって硫化試験条件下で比較実験したところ、SML-Y18U2Tは従来品より約40%光度残存率を改善したという。

LEDは自動車や産業機器など、過酷な使用環境下で使用されることもある。こうした用途においては、環境ストレスによって金属材料が腐食する硫化が経年劣化の主な原因となっていた。

ロームはSML-Y18U2Tを、車載のエクステリアやインテリア、屋外表示機器、産業機器などの用途で売り込んでいく考えだ。サンプル出荷は2月から。価格は1個200円となる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る