3Dプリンターで製作したピコ水力発電装置のレンタルを開始 リコー

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リコーは2022年3月10日、大量の水を使わずに発電でき、メンテナンスの手間もかからないピコ水力発電装置のレンタルサービス「LIFE PARTS(ライフパーツ)」を開始すると発表した。装置の活用で、電力の地産地消や脱炭素型の循環型社会の実現を目指すという。

ピコ水力発電とは小型の水力発電のなかでも数kW以下の小規模な装置で、同社では開発にあたって、3Dプリンターを使って独自形状の水力発電用プロペラを作成した。同社の沼津事業所で工場排水を用いて実証実験を行ったところ、9カ月間にわたり電灯や防犯カメラの電源として活用できたといい、さらに電力をバッテリーに充電し、防災用の電源や携帯電話の充電に使えないか検討している。

レンタルサービスでは、工場排水や地域の用水路などの水流を利用した照明やセンサー向けの発電を想定している。

また、ピコ水力発電装置の有効な活用方法を考えてもらうため、地方自治体や学校向けに、再生プラスチックを用いたピコ水力発電機づくりのワークショップなども開催する。ワークショップでは参加者に使用済みプラスチックを持ち寄ってもらい、3Dプリンターを使って装置を製作。ピコ水力発電を通じて、再生可能エネルギーの活用や脱炭素社会の実現、SDGsの達成などについて学んでもらうという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る