ソニー、0.5型UXGA有機ELマイクロディスプレイ「ECX339A」を商品化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0.5型 有機ELマイクロディスプレイ「ECX339A」

ソニーは2018年5月28日、0.5型では最高解像度となるUXGA(1600×1200)の有機ELマイクロディスプレイ「ECX339A」を商品化すると発表した。

ECX339Aは、ソニー独自の有機ELディスプレイ技術と微細化プロセス技術によって、6.3μmという世界最小クラスの画素ピッチを達成。同社従来品と比較して約1.6倍高解像度化した。

通常、トランジスタの小型化によって特性のばらつきや耐圧の低下が起こるが、同製品では同社独自の補正回路を追加し、さらに個々のトランジスタのレイアウトやプロセスを最適化することで、それらの発生を低減した。

また、カラーフィルターをシリコン基板上に直接形成することで発光層との距離を縮め、カラーフィルターの色配置も工夫。これにより、視野角特性を確保し、高解像度化を実現したという。

その他新たに設計の駆動回路によって、同社従来品と比較して2倍の240fpsまでのフレームレートに対応。従来の1/2の電圧で動作する新設計周辺回路によって、画素数が増加したにもかかわらず従来品と同等の消費電力だ。

サンプル出荷は2018年1月から、量産出荷は2018年11月からの予定。サンプル価格は5万円(税別)だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る