三菱重工、MET過給機に小型軽量/高効率の新モデル「MET-MBII」「MET-ER」を投入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱重工グループの三菱重工マリンマシナリは2018年8月30日、ディーゼルエンジン用過給機である、MET過給機の新モデル「MET-MBII」「MET-ER」を開発したと発表した。

主に大型の2ストローク舶用推進ディーゼル機関に搭載される軸流式のMET-MBIIシリーズは、累計生産台数が2000台を超えた既存の「MET-MB」シリーズと比較して16%の大風量化により小型軽量化。性能を維持しながら、初期コストやメンテナンスコストを低減した。

主に舶用/陸用向け4ストロークエンジンに搭載されるラジアル式の「MET-ER」シリーズは、2018年に累計生産台数1万5000台を達成したラジアル過給機「MET-SR」シリーズの性能を改善しながらコンパクト化を推進。出力1000kW級で比較した場合に、新型「MET16ER」は既存の「MET18SRC」よりも約40%小型となっている。また、部品点数を約30%削減するなど、メンテナンス性向上や初期コスト低減につなげたことにより、環境性/経済性/機能性を高めた。

同社は、独ハンブルクで2018年9月4日から7日まで開催される世界最大級の海事総合展「SMM 2018」で、これらMET過給機の新モデルを実機やVR、MRなどを交えて展示する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る