Volvo、都市環境で新しいワイヤレス充電技術の実証実験を開始

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スウェーデンのVolvo Carsは、2022年3月3日、提携企業と協力して、実際の都市環境で新しいワイヤレス充電技術をテストすると発表した。このワイヤレス充電テストは、戦略的構想「Gothenburg Green City Zone」で概要が示された複数プロジェクトのうちの1つ。この構想は2030年までに排出ガスを出さない交通手段の実現を目指すというもので、今回のテストでは、都市内の指定エリアが持続可能な技術開発のための実証実験環境として使用される。

提携企業は、北欧地域最大のタクシー会社であるCabonlineだ。同社は今後3年間、完全電動の「Volvo XC40 Recharge」をタクシー車両として使用し、イェーテボリ市内に設置された充電ステーションでワイヤレス充電する。

充電ステーションは、ワイヤレス充電システムの開発を手掛けている米Momentum Dynamicsが提供。対応車両が道路に埋め込まれた充電パッドの上に駐車すると、充電が自動的に開始される。車両を充電パッドの位置に合わせるため、Volvo Carsは360度カメラシステムを使用する予定だ。

XC40 Rechargeの場合、ワイヤレス充電出力は40kW以上になり、充電速度は有線の11kW AC充電器の約4倍、有線の50kW DC急速充電器と比較するとほぼ同じになる。

Volvo Carsは、2021年にGothenburg Green City Zoneの立ち上げに参加。実際の都市でのテストを通して、電動化とシェアードモビリティ、自動運転、コネクティビティ、安全性といった分野の技術およびサービスの開発を加速させることができるとしている。

関連リンク

Volvo Cars tests new wireless charging technology

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る