AGCとパナソニック、欧州向け高性能「真空断熱ガラス」を共同開発――住宅窓の改修ニーズに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真空断熱ガラス

AGCは2018年10月15日、パナソニックと共同で、業界最高クラスの性能の「真空断熱ガラス」を開発し、欧州市場で販売すると発表した。

欧州では古い住宅を改修しながら長期間居住することが多いため、高断熱性の住宅窓への改修ニーズが高まっている。そこで今回AGCのLow-Eガラス技術およびガラスプロセス技術と、パナソニックのプラズマディスプレイパネル開発/製造技術を応用して、欧州市場向けの真空断熱ガラスを共同開発することになった。

今回開発したガラスは、業界最高クラスとされる、中空層にアルゴンガス使用した3層構造のLow-E複層ガラスと同等の性能を持つ。しかも厚みは4分の1から5分の1であるため、既存のサッシをそのまま使える。

AGCは、同社のベルギー工場に新たに真空断熱ガラスの生産ラインを導入して、2019年3月より欧州の住宅市場向けに販売を開始する予定だ。パナソニックは、同製造ラインの速やかな立ち上げを支援するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る