ミノムシの糸の産業化技術を開発――クモの糸を凌駕する強度を持つことが明らかに 興和と農研機構

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

興和と農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は2018年12月5日、ミノムシの糸の有用性を見出し、その産業化を可能にする技術開発に成功したと発表した。

クモの糸は自然界の繊維として最強と言われ、世界中で研究されている。一方、シルクは再生医療用素材としても研究されており、特に、カイコシルクは組織支持材料(医療機器)として米国では販売もされている。

研究グループは今回、シルク繊維の一つであるミノムシの糸が、最強と言われてきたクモの糸よりも、弾性率、破断強度、タフネスのすべてにおいて優れていることを発見。さらには、ミノムシの糸を産業化する技術の開発に成功した。

具体的には、ミノムシから1本の長い糸(長繊維)を採糸する基本技術を考案して特許を出願。樹脂と複合することで、樹脂の強度が大幅に改善されることを見出した。また、ミノムシの人工繁殖方法や大量飼育方法を確立し、ミノムシを殺さず糸を採る効率的な採糸方法を確立した。

今後は、ミノムシの糸を革新的新素材と捉え、産業化に向けた他社との連携を視野に、生産体制の構築を進めていく予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る