パナソニック、小型EV向けに新プラットフォームを開発――実用化に向けたコンセプト小型モビリティを CES2019に出展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ePowertrain CES2019モデル

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは2019年1月8日、従来比で2倍以上の出力と小型化に成功した小型EV向け「48V ePowertrain」新プラットフォームを開発したと発表した。

48V ePowertrainは、車載充電器やジャンクションBoxなどの電源システム部と、モーターの駆動部で構成される。前モデルのコンセプトは継承しつつも、モーター設計や冷却構造を見直すことで、同じ容積で従来の8kWの2倍以上となる18kWまで出力を高めた。

高出力化により、同じ出力の場合に従来は2ユニット必要だったものを1ユニットに削減できる上、小型化も可能となる。48V ePowertrainの採用により、小型EVのさらなる軽量化や車室空間の拡大、走行距離の延長が可能となった。

また、同社は48V ePowertrainをベースとした上下分離構造のコンセプト小型モビリティSPACe_Cを考案。様々な地域の小型モビリティニーズに対応するため、上下分離構造を採用し、上部は人・モノ・コトを運ぶキャビン、下部は同プラットフォームを含む小型モビリティのベースとなる「e-Torta」で構成されている。

コンセプト小型モビリティ「SPACe_C」

上部を組み替えることで、ある時は人を運ぶモビリティ、ある時はモノを運ぶ、あるいはイベントでコトを提供するモビリティと変化。様々な用途展開に対応でき、各地域のニーズに合わせたカスタマイズが可能だ。

パナソニックは、1月8~11日に米ラスベガスで開催の「CES2019」で、実走行のデモンストレーションが可能な、人を運ぶキャビンのSPACe_Cに加え、モノを運ぶモビリティの事例として、食品のデリバリーを担うフードキャビン「SPACe_C eMart」およびe_Tortaの核となる「ePowertrain CES2019モデル」を出展している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る