ソーラーフロンティア、CIS系薄膜太陽電池セルで世界最高の変換効率23.35%を達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーラーフロンティアは2019年1月17日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究を通して、カドミウムを含まないCIS系薄膜太陽電池(以下、CdフリーCIS系薄膜太陽電池)のセル(約1cm2)において、CIS系薄膜太陽電池の世界最高記録となるエネルギー変換効率23.35%を達成したと発表した。

今回の値は、2017年11月に同社が達成したカドミウムを含むCIS系薄膜太陽電池セルの最高変換効率22.9%をも約0.4ポイント上回り、全てのCIS系薄膜太陽電池セルにおいて世界最高の変換効率となる。これまで研究開発を進めてきたCIS光吸収層の改良や光吸収層表面処理等の技術と、同社独自のCdフリーCIS系薄膜太陽電池の技術についてそれぞれ高性能化を行い、さらに両者を最適な条件で融合させることにより達成した。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る