ボーイング、自律航行エアタクシーの第1回目の試験飛行に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Passenger AIr Vehicle

ボーイングは、同社がエアタクシーと呼ぶ小型航空機(PAV:Passenger Air Vehicle)の第1回目となる試験飛行をバージニア州マナサス市で実施したと発表した。同機の垂直離着陸の性能について試験を行ったところ、その首尾は上々だったという。

今回試験飛行を行った新型PAVは、自律飛行が可能な短距離航空機(無人エアタクシー)を目指すもので、電動垂直離着陸機(eVTOL)と呼ばれるタイプで、電気推進システムで駆動され、ヘリコプターのように垂直に離着陸できる。そのサイズは全長914cmで、高さ853cm。離陸から着陸まで、最大80.47㎞を全自動で飛行できるよう設計されている。

今回の試験飛行では、自律飛行システムによる離陸、飛行中のホバリング、着陸のほか、地上管制についてテストした。次回は、前進、固定翼飛行、垂直飛行モードと前進飛行モードの切り替えについてテストする予定だ。発表によると、垂直飛行モードと前進飛行モードの切り替えは、高速のVTOLの開発において最も重要な挑戦だという。

ボーイングのPAVは、ボーイングが新たに設置した次世代都市航空交通および無人航空機などを開発するBoeing NeXtとボーイングのエンジニアリング子会社Aurora Flight Sciencesオーロラ・フライト・サイエンスが共同して開発中のものだ。Boeing NeXtはPAVの他にも、最大500ポンドの貨物を輸送できる完全電気駆動の無人貨物航空機の開発を手がけている。同機は2018年に屋内における試験飛行をすでに終えており、2019年内に屋外での試験飛行を実施する予定だ。

関連リンク

Boeing Autonomous Passenger Air Vehicle Completes First Flight

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る