JAXAと新明和工業など、世界最高クラスの小型高効率モーター開発に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2019年2月7日、新明和工業、大分大学、日本文理大学らと共同で、小型で高効率な世界最高クラスのモーターを開発したと発表した。

開発した小型高効率モーターの質量は25g、出力は50Wで連続運転が可能だ。低速回転から高速回転、低出力から高出力の広範囲にわたって80%以上の効率を達成する。さらに毎分1万5000回転以上の高速回転では、広範囲にわたって85%以上の効率を達成する一方、発熱が極めて少ないのが特徴だ。

宇宙利用においては、真空状態の月表面や大気が薄い火星表面では対流による放熱はほとんど期待できないため、高効率で発熱が少ないモーターは宇宙探査用機器に搭載するモーターとして非常に重要となる。他方、地上での事業化としては、モーター質量が航続時間に直結するドローン、ロボットの関節、温度変化を避けたい精密計測器の駆動などの用途が考えられるという。

今回開発した小型高効率モーターは、吉川工業が、ベクトル磁気特性技術研究所と日本金属と開発/量産化した高速高効率コアを採用し、その特性を引き出す設計や解析技術、性能測定や評価技術と、それらの技術を総合した設計/組み立て技術により製作された。

なお、詳細な技術情報は、2019年5月22日から24日に東京工業大学すずかけ台キャンパスで開催される「電磁力関連のダイナミクスシンポジウム SEAD31」のオーガナイズドセッションで発表予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る