ボルボ、「XC90」に高出力クリーンディーゼルエンジン「D5」を搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボは2019年3月1日、同社のクリーンディーゼルエンジンの中で最高の出力を誇るDrive-E2.0リッター4気筒直噴ディーゼルターボ「D5」エンジンを搭載した新モデルとして、「XC90 D5 AWD Momentum」と「XC90 D5 AWD Inscription」を「XC90」シリーズに追加し、日本での販売を開始した。

D5エンジンは、低回転域からの加速時に圧縮エアをターボチャージャーに送ることでターボラグを低減し、スムーズな発進や加速を実現する「Power Pulseテクノロジー」を採用したクリーンディーゼルエンジン。最高出力は173kW(235ps)/ 4000rpm、最大トルクは480Nm(48.9kgm)/ 1750〜2250rpmを発揮する。

同エンジンは、AdBlueで排ガス中のNOxを抑制するSCR触媒コンバーターを備えており、優れた燃費性能と環境負荷の低減を長期にわたり実現する。AdBlueとは、ディーゼルエンジンが放つ有害物質を低減するためにSCRシステムで使用される添加剤のこと。SCRシステムでは、AdBlueや亜酸化窒素排出ガスが窒素と水蒸気に分解され、有害な亜酸化窒素の排出を大幅に低減する。

D5エンジンを搭載するXC90 D5は、新たに「対向車対応機能」も加わった「歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・被害軽減ブレーキシステム」、「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」、「パイロットアシスト(車線維持支援機能)」、「BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)」など16種類以上の先進安全/運転支援機能「IntelliSafe」を標準装備している。

XC90 D5 AWD Momentum(奥) XC90 D5 AWD Inscription(手前)

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る