空飛ぶ自動車を想定したコンセプトタイヤ「AERO」を発表――空中での使用環境も考慮し多面的に設計 グッドイヤー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グッドイヤーは2019年3月14日、ジュネーブモーターショー2019において、最新のコンセプトタイヤ「AERO(エアロ)」を披露したと発表した。

同社が今回発表したAEROは、未来における想像上の空飛ぶ自動車用に設計されたコンセプトタイヤだ。地上を走行するタイヤとしても、空を飛ぶためのプロペラとしても機能する「ツーインワンタイヤ」で、従来の地上でのタイヤの使用環境を超え、空中での使用環境も考慮し多面的に設計されている。マルチモーダルな傾くローターをコンセプトに、従来のタイヤの向きにおいては、路面への力の伝達や路面からの力の吸収を行う一方、タイヤの傾きにより車両が持ち上がる揚力を与える動力伝達装置としての役割も果たす。

スポークは車両の重量を支えるとともに、タイヤの傾きにより車両を持ち上げるための揚力を与えるファンブレードとして機能する。路上走行時の衝撃を和らげる柔軟性と、車両に揚力を与えるローターの高速回転を支える強度を併せ持つ非空気式(エアレス)構造を採用。また、磁力を使用することで、路上走行に必要な高い回転速度を可能にし、タイヤが傾いた際に車両を空中に持ち上げ、前方への推進力を与える。

AEROには「オプティカルセンシング技術」を搭載し、路面状況やタイヤの磨耗、タイヤ自体の構造健全性をモニターする。タイヤのセンサーから受け取る情報と、車両間および車両とインフラ間で伝達される情報をAIプロセッサーでデータ分析し、飛行または運転モードへの切り替えを実現し次のアクションをレコメンドする。さらには起こり得るタイヤ周りのトラブルを事前に察知して解決することも可能だ。

AEROは、まだ概念上のデザインだが、非空気式構造やインテリジェントタイヤ機能など、その特徴的な技術のいくつかは今日までに同社によって開発されており、その他の技術も将来的には新製品の基礎となる可能性があるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る