照明設計解析ソフトウェアの最新版「LightTools 8.7」発売――迷光対策など強化 サイバネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レイパス機能でシミュレーションした迷光の照射分布と光路

サイバネットシステムは2019年3月18日、同社が販売する照明設計解析ソフトウェアの最新版「LightTools 8.7」を発売したと発表した。

LightToolsは米Synopsysが開発。LED照明や液晶ディスプレイ用バックライト、LiDARを含む赤外線を用いた光学系などをはじめとする照明光学系の設計、解析を行うソフトウェアだ。

今回発売した最新版では、迷光解析で利用されるグレイパス機能に、影響度順に迷光をソートする機能を追加。迷光の原因となる光を特定する時間を大幅に短縮した。

また、研磨された光学面や粗面を簡便かつ正確にシミュレーションするため、研磨面の光の散乱をパラメーターとして定義できる「Harvey-Shack散乱」、および「ABg散乱」、粗面の凸凹傾斜を数値で定義できる「マイクロファセット(微細表面)散乱」、ほこりやちりなどの微粒子の影響をモデル化できる「コンタミネーション散乱」の各機能が追加された。

その他にも、グレアの影響が予測できる「Human eye」機能や、自由曲面設計機能に2次元光学系を考慮したディストーション(歪み)補正機能などが追加された。

2次光学系を考慮したディストーション補正(上:補正前、下:補正後)

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る