金属導体へ高耐熱、高絶縁樹脂をコーティングする電着技術を開発――従来より複雑な形状にも対応 三菱マテリアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

複雑な形状の導体へコーティングした樹脂皮膜の厚み

三菱マテリアルは2019年3月25日、電気自動車のコイルデバイス向けに、金属導体へ高耐熱、高絶縁樹脂をコーティングする電着技術を開発したと発表した。

電気自動車やハイブリッドカー用のパワーインダクターやリアクトル、モーターに用いられるコイルは、従来から高温下における高い絶縁性が要求されている。加えて近年のコイルデバイスの小型化によって、より複雑な形状の導体に絶縁加工を施すコーティング技術が求められるようになった。

複雑な形状の導体へのコーティングに用いられる従来のポリイミド樹脂やポリアミドイミド樹脂の電着液は、電着しやすく加工されている代わりに本来の耐熱性が発揮できない。このため、高耐熱性と高絶縁性を両立させる皮膜コーティング技術はこれまでなかった。

今回三菱マテリアルでは、高耐熱性を維持できるポリアミドイミド樹脂を用いた電着液を開発。さらにコーティングプロセスを最適化することで、高耐熱性と高絶縁性の両者を有する樹脂皮膜をコーティングする電着技術を開発した。アスペクト比15以上の平角線材や、モーターコイル、バスバーなどの屈曲形状の導体部分に適用できるという。

今回開発した技術により、より過酷な熱環境に耐え得る樹脂皮膜を、従来よりも複雑な形状の導体にコーティングした部材の提供が可能となるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る