倉庫作業の自動化を可能にする荷捌きロボット「Handle」を公開 ボストン・ダイナミクス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Credit: Boston Dynamics

ボストン・ダイナミクスが、2足歩行する恐竜を彷彿させる倉庫作業ロボット「Handle」の動画をYouTubeで公開した。

Handleは、物流倉庫用に設計された移動式ロボットだ。印が付けられたパレットを機上のビジョンシステムで見つけると、自動で箱を掴んでそのパレットに乗せ、受発注・在庫管理の最小管理単位であるSKU(Stock Keeping Unit)を構成する。パレットから箱を持ち上げ、ベルトコンベヤーに運ぶことも可能だ。

ボストン・ダイナミクスのロボットとしては、バク転もできるヒト型の「Atlas」、ロボット犬「SpotMini」などが良く知られている。Handleの特徴の一つは、同社の他のロボットとは異なり、Handleは脚部の先端に車輪が付いていることだ。これは、頭部についた腕の端で荷重を支えるために、足元でバランスを取るために適した構成だという。バランスのためにHandleはさらに、腕のあるところの反対側、つまり背中にカウンターウェイトを使用している。これは建設用クレーンが、重荷によって生み出されるトルクに耐えるのに用いるのと同様の技術だ。

Handleがビデオで運搬している箱の重さは約5kgだが、最大15kgの箱を取り扱えるように設計されているという。

関連リンク

Handle Robot Reimagined for Logistics

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る