大日本印刷、電気自動車向けワイヤレス充電用のコイルを開発――薄型、軽量で、漏洩磁界の低減により大電力伝送にも対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大日本印刷(DNP)は2019年5月22日、漏洩磁界を低減させることで大電力伝送にも対応可能な電気自動車向けワイヤレス充電用のシート型コイルを開発したと発表した。

電気自動車(EV)に非接触で充電できるワイヤレス充電は、充電作業の簡便性が増す上に自動運転との親和性も高く、早期普及が期待されている。

そこで、DNPは今回、コイルシートとフェライトシートから構成され、送電と給電双方のワイヤレス充電システムに対応したシート型コイルを新たに開発。フェライトシートを含めたコイルは、厚さ最大約3mm、重量約1kgで、従来のリッツ線を用いたコイルの厚さ約12mm、重量約4kgと比べて大幅に軽量化、薄型化した。

また、コイルパターンの最適化と同社の高精細フォトリソグラフィ技術の応用により、コイルの外側への磁界の漏洩を低減。人体やペースメーカーなどへの影響を低減させるとともに、大電力の伝送を可能にした。

DNPは、今回開発したシート型コイルを、自動車メーカーや駐車場などのインフラ業界を中心に提供し、2025年には年間50億円の売上を目指すという。また今後は、同コイル技術の応用/発展により、走行中充電やドローン向けなど、他用途にも展開していくとしている。

なお、同シート型コイルは、5月22日~24日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」で展示する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る