マグナ、フェラーリと共同で「SF90ストラダーレ」用8速DCTを開発

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Magna International Inc.

マグナは2019年12月11日、フェラーリと共同で、新型PHEV「SF90ストラダーレ」用の8速DCT(Dual-Clutch Transmission)を開発、提供開始したことを発表した。この革新的な次世代型DCTは、伝達トルクと変速を改善し、同時に重量とCO2排出量の削減にも貢献している。

同トランスミッションは、マグナのDCTファミリーに加えられた最新の製品だ。スーパースポーツ用途の新しい基準を作るもので、市街地はもちろんサーキットにおいても、その傑出した走行性能に必要なすべての特性を備えている。さらに、ハニカムハウジング構造などの新技術により、約10kgの軽量化によるトルクウエイトレシオの改善に寄与している。

同社によれば、今回のSF90ストラダーレ用トランスミッションの開発を通して得られた技術は、他のセグメント向けのDCTの効率や重量、パッケージングにも適用できるとしている。こうした技術移転は、同社のすべてのDCTラインナップにとって有益だとしている。

関連リンク

News Release – Magna Powers Ferrari SF90 Stradale With Innovative Dual-Clutch Transmission

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る