ボルグワーナーの最新車載充電器「OBC」、最新のシリコンカーバイド技術で電力密度をクラス最高に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルグワーナーは、最新のシリコンカーバイド技術によってクラス最高レベルの電力密度と電力変換効率を実現した車載バッテリー充電器「OBC(Onboard Battery Charger)」を発表した。

OBCは、EVやPHEVに車載される高電圧バッテリーを充電するために、外部の充電設備から供給される交流(AC)を、直流(DC)に変換するシステムだ。同社の新型OBCは、7.4kW、11kW、22kWの定格電力という幅広い範囲のAC入力に対応し、オプションで2.3kW〜3.6kWのDC-DCコンバーターを内蔵することもできる。多くのタイプの化学バッテリーと互換性があり、400V、650V、800Vの高電圧システムに対応している。

定格7.4kWのOBCは、1.8kW、3.3kW、6.6kWの小電力による普通充電にも対応する。定格充電力11kWのタイプは三相グリッド交流による急速充電方式で、より効率的な充電が可能。定格22kWのタイプは、より一層効率的で迅速な急速充電が可能だ。

BorgWarner OBCは、日本の充電規格を満たすよう設計されている。メイン入力とDC出力間の絶縁も確実で、防水性と防塵性を備えている。さらにISO 26262の安全規格にも準拠しており、液冷式のIP6K96エンクロージャーに収容されている。

関連リンク

Class-leading Onboard Battery Charger Strengthens BorgWarner’s EV Systems Leadership

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る