リフロー実装対応のマンガン-シリコン系リチウム二次電池を開発――3.3V耐圧、高容量かつ優れた充放電サイクル特性 セイコーインスツル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セイコーインスツルは2019年7月1日、リフロー実装対応のマンガン-シリコン(MS)系リチウム二次電池を開発したと発表した。

電子機器の高性能化によって部品点数が増加し、生産効率の向上や品質、性能の安定化のためのリフロー実装可能な二次電池のニーズが高まっている。

セイコーインスツルでは、従来からリフロー実装対応のマンガン-リチウムアルミ合金(ML)系リチウム二次電池を提供してきた。今回、ML系リチウム二次電池よりも高耐圧、高容量でかつ充放電サイクル特性に優れた、リフロー対応のMS系リチウム二次電池の開発に成功した。同社によると、リフロー対応のMS系リチウム二次電池は世界初だという。

製品ラインナップは「MS621R」および「MS421R」の2つを用意している。MS621Rは最大充電電圧3.3V、公称容量が3.0mAh、内部インピーダンスが400Ω、直径が6.8mm、高さ2.1mm。質量は0.24gとなる。MS421Rは最大充電電圧3.3V、公称容量が1.5mAh、内部インピーダンスが600Ω、直径が4.8mm、高さ2.1mm。質量は0.10gだ。動作可能温度範囲は共に-20~+60℃だ。

リアルタイムクロック(時計機能)のバックアップ電源や記憶保持機能の電源などの用途を想定している。MS621Rは2019年8月から、MS421Rは2019年10月からサンプル品を出荷する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る