NEC、空飛ぶクルマの試作機浮上実験に成功――交通整理や機体間・地上との通信などを支える管理基盤の構築に活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NECは2019年8月5日、空飛ぶクルマの機体管理機能や飛行特性を把握するための試作機を開発し、浮上実験に成功したと発表した。

NECは空飛ぶクルマの実現のために、交通整理や機体間、地上との通信を支える管理基盤の構築を開始。今回の試作機開発と浮上実験は、その取り組みの第1段階となるものだ。今回開発した試作機のサイズは、全長約3.9m、幅3.7m、高さ約1.3m。空飛ぶクルマに必要なGPSを含む飛行制御ソフトウェアや推進装置となるモータードライバーなどを新たに開発し搭載した。

NECは、経済産業省と国土交通省が設立した「空の移動革命に向けた官民協議会」への参画や、日本発の空飛ぶクルマの開発活動団体「CARTIVATOR(カーティベーター)」を運営するCARTIVATOR Resource Managementとスポンサー契約を締結するなど、空飛ぶクルマの機体開発の支援を行っている。

また、航空/宇宙分野における航空管制システムや、衛星運用システムなどで培ってきた管制技術および無線通信技術、さらに無人航空機の飛行制御技術などを活用し、空飛ぶクルマのための新たな移動環境実現に向けた検討を進めている。

今後も、同様の技術開発や試作機を活用した検証、評価を継続的に実施していく予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る