生分解性プラスチックを原料とするレジ袋などを開発――12月よりレジ袋やごみ袋などの日用品の販売を開始 凸版印刷とGSIクレオス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回開発したレジ袋/ごみ袋/カトラリー

凸版印刷は2019年12月4日、GSIクレオスと共同で、生分解性プラスチックを原料に用いたレジ袋を開発したと発表した。生分解性プラスチック製品を販売品目に追加し、今月中にはレジ袋やごみ袋、日用品などの販売を開始する。

生分解性プラスチックは、自然界の微生物の働きにより、水と二酸化炭素に自然に分解される。その廃棄物発生を抑制する効果から、環境規制の厳しい欧米ではさまざまな製品に用いられている。一方、国内では、その用途は、農業用資材に留まり、レジ袋やトレー、フォークなどの日用品にはまだ広がっていない。

そこで、凸版印刷は今回、GSIクレオスが供給する生分解性プラスチック「Mater-Bi(マタビー)」を原料とするレジ袋の開発に着手。GSIクレオス提供の原料に関する情報と、凸版印刷のフィルム製品に関する開発/製造技術を活かすことで製品化に成功した。

凸版印刷は、開発したレジ袋が、従来の石油由来のレジ袋に替わって、コンビニエンスストアなどで普及していくことを見据えていると説明。また、今後は、さまざまなフィルム製品や成型品の開発を進め、2025年度には関連受注を含め20億円の売り上げを目指すとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る