生産管理とは?仕事内容から向いているタイプ、転職する方法まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

製造業において、生産計画に基づき、製造工程全体を管理・コントロールし、製品が計画通りに出荷される体制を維持するのが生産管理業務です。いわば「製造の要」となる仕事であり、現代の製造業務において、なくてはならない役割を果たす技術分野だと言えます。今回は、そんな生産管理という仕事や適正のある人材像、転職を有利に進める方法などについて説明します。

生産管理の仕事とは

まずは、生産管理のミッションや具体的な仕事内容について解説します。

生産管理とは

工場などの生産現場において、計画に基づき生産工程全体を管理し、製品をスムーズに製造するための体制を構築・維持していくことが生産管理の仕事です。生産数量や生産スケジュールなどを規定した生産計画の立案を起点に、製品を製造するための原材料や部品を安定的に確保するための調達計画立案、生産フェーズにおける工程管理など幅広い仕事を担います。

需要と供給のバランスを見ながら、生産状況をコントロールしていくのが生産管理という仕事の大まかな内訳です。

生産管理の主な業務内容

生産計画の立案
製品を生産する際には、生産すべき製品の種類、生産する数量、生産する時期などを策定した「生産計画」が起点となります。

自社の生産能力を見極めた上で、製品の販売計画から逆算し、最適な生産スケジュールや数量を決定します。その際、在庫計画や作業員の割り当て、工場の稼働率なども併せて検討することで、より精度の高い生産計画が生まれます。

材料の調達と在庫管理
策定された生産計画に基づき、製造に必要な原材料や部品等の調達を行うことも生産管理の大切な仕事の一つです。原材料が多すぎれば在庫を多く抱えることになってコストがかさみますし、少なければ生産スケジュールに遅れが生じてしまいます。

よって需要と供給のバランスをしっかりと見極め、過不足のない原材料の調達体制を維持していくことも、生産管理技術者の腕の見せどころと言えるでしょう。

工程管理
生産フェーズに入ってからは、生産工程の管理が必要です。

効率よく生産が行えるよう、各工程の状況に応じて作業手順や工数、人員配置等を見直し、常に最適な生産体制を維持できるようコントールを行います。

品質管理
生産工程を経て製造された製品が一定の品質を満たし、問題なく出荷できるものなのかをチェックするのが品質管理です。

品質管理の手法は企業ごとに相違はありますが、多くの場合は製造のロットや製造日ごとに品質をチェックし、問題があればどの工程で問題が発生しているのか原因究明を行い、より品質を高めるための計画修正を行います。

原価管理
企業におけるものづくりは利益を生み出すために行われているので、より多くの利益を上げる原価管理が重要です。ものづくりにおける原価とは、製品を作るために必要なお金であり、生産の場合は原材料費や人件費、生産設備のランニングコストなどから原価が決定します。

原価が大きくかさむことのないよう、生産に関わる予算を管理していくことも生産管理の大切な仕事なのです。

生産管理に向いている人の特徴

ここでは、生産管理業務に求められるもの、どんな人がこの仕事に向いているのか、といったことについて解説します。

コミュニケーション能力がある人

生産工程全体を管理し、コントロールしていく生産管理業務だけに、自社内の人間はもちろん、原材料の仕入れ先や設備メーカー、クライアントなど、さまざまな人間と接して連携体制を築いていく必要があります。

よってコミュニケーション能力はとても重要です。特に原材料手配においては、仕入れ先との価格交渉や納期交渉を行う場面も多いため、折衝・調整能力なども大切になってきます。

勉強熱心な人

「勉強熱心である」というのも生産管理では大切なポイントです。先にも述べたように、生産管理は生産工程全体を管理する仕事です。それだけに製造技術に関する知識、製品知識、生産設備の知識、原材料の知識といった専門知識に加え、マネジメント能力などさまざまなスキルが必要になります。

それらを習得するにあたっては、強い向学心を持って学び続ける姿勢が大切です。逆に言えば、そこまで努力できる人が生産管理という責任ある役割を担えるとも言えます。

生産管理の仕事に就くには?

生産管理の仕事に就くには何が必要なのか、転職にあたってはどんな方法があるのかについて解説します。

転職エージェントに登録する

生産管理は経験が重視される仕事のため、未経験者には門戸が開かれていないことが多いのが現状です。

そこでお勧めなのが、転職エージェントに登録する方法。たとえ生産管理の経験がなかったとしても、これまでの経験の中から生産管理業務に応用できそうなスキルがあれば、それを転職エージェントが見極めてくれるので、一般的な求人媒体を通じた転職よりもチャンスは大きいと言えます。

社内での異動を願い出る

自社に生産部門がある場合は「社内で異動を申し出る」という方法もあります。

近年は、希望の部門や仕事に応募する「社内公募制度」や「社内FA(フリーエージェント)制度」を導入する企業も多く、そうした場合はよりスムーズに異動を果たせるかもしれません。

会社にとっても社外から未経験の人材を確保するよりも、部門は異なれど自社内の人材を活用した方がリスクを低減できるというメリットがあります。

資格を取得する

生産管理に関連した資格を取得することも、転職において有利になる可能性があります。

特別民間法人中央職業能力開発協会認定のビジネス・キャリア検定試験には、「生産管理分野」という試験区分があるほか、生産管理の基礎的知識が中心の「生産管理(BASIC級)」という検定があります。

ほかにも、設備管理や物流管理など、生産工程以外の知識を問う検定「生産管理プランニング」(2級および3級)、生産システム・生産計画など生産工程が中心的内容の検定「生産管理オペレーション」(2級および3級)など、生産管理に直接的に関わる検定資格があります。

これらを取得することで、生産管理業務に一定レベル以上の知識があることを証明することができ、転職の際の心強いアピール材料となってくれるでしょう。

ものづくりの重要な役割を果たす仕事だからやりがいがある

生産管理という仕事について解説しました。生産管理の仕事はものづくりの現場において非常に重要な役割を果たしています。そうした役割を担うことで、エンジニアとして大きなやりがいを得ることができるでしょう。もし、新たな技術領域にチャレンジしたいと考えているのなら、ぜひ、この生産管理という仕事を検討してみてはいかがでしょうか。

興味がある方は、各企業の求人もチェックしてみてください。詳細はこちらです。


エンジニアの転職なら「メイテックネクスト」
求人数もNo.1、エンジニア転職のプロがキャリア分析と柔軟なマッチングを行います。土・日・祝日でも対応できるので、転職する際はぜひご利用ください。


関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る