独自の技術で真空断熱ガラスのバリエーションを増強――業界初、透明ピラー仕様の真空断熱ガラスの実用化に成功 パナソニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックは2019年12月12日、強化ガラス仕様の真空断熱ガラスと、業界初となる透明ピラーの実用化に成功した真空断熱ガラスを開発したと発表した。

同社はプラズマディスプレイパネルの開発/製造技術を応用し、2017年に真空断熱ガラス事業に参入。約6mmの薄さで業界最高クラスの断熱性能を有する真空断熱ガラスを製造し、パナソニックの完全子会社である米ハスマンのコンビニやスーパー向け冷蔵用自動ドアなどに導入してきた。2019年4月にはAGCと共同で、欧州の住宅市場向けに生産を開始し、窓ガラスの改修などの用途で展開している。

同社は、これまで展開してきたフロートガラス仕様に加え、強化ガラス仕様の真空断熱ガラスを2020年度上期に発売する。真空断熱ガラスは製造工程において2枚のガラスを高温で溶かした封着材で溶着するが、一般的に強化ガラスは高温で加熱すると強度が低下してしまうという問題点があった。しかし今回、新たに開発した独自の「超低温封着材」により、強化ガラスの強度が低下しない温度帯での溶着を実現した。

また、真空層を支える柱である「ピラー」が透明な真空断熱ガラスの実用化にも業界で初めて成功し、2020年度内に発売する予定だ。ピラーには一つ当たり約200MPaという非常に強い圧力かかるため、通常は金属などの高強度で不透明な材料が使用される。しかし同社は新たに「高強度断熱透明素材」を開発することで、ピラーが透明な真空断熱ガラスの開発に成功した。今後は同社の真空断熱ガラスの名称を「Glavenir(グラベニール)」にするとしている。

(左)通常のピラー(右)透明ピラー

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る