タイヤのひずみから荷重と摩耗状態を推定できるセンサーを開発――自動運転の安全な走行制御への活用も期待 ブリヂストン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開発したスマートストレインセンサー

ブリヂストンは2019年12月18日、走行時のタイヤに発生するひずみを計測することで、タイヤの荷重と摩耗状態を推定する技術を開発したと発表した。この技術により、タイヤの溝が浅いなどの情報をリアルタイムで把握可能になるという。

ドライバーの安全性には、車両トラブルを未然に防ぐことが重要だ。また、将来の自動運転社会では、車両のメンテナンスや故障防止への対処は、車両の利用者よりむしろ、車両の管理者が担うことが多くなる。そのため、車両の状態を遠隔かつリアルタイムでモニタリングする機能の実現が求められる。

ブリヂストンは今回、一般的なタイヤ圧監視システム(TPMS)が備えるタイヤの空気圧や温度の把握機能だけでなく、ひずみも測定可能なスマートストレインセンサーを開発。そのひずみの情報をもとにした、タイヤへの荷重や摩耗状況の推定を実現した。

スマートストレインセンサーのメカニズム

具体的には、タイヤの内面に貼り付けたセンサーが、路面と接したタイヤのひずみの時間変化を取得。そのひずみデータを、AIを活かした独自のアルゴリズムで解析することで、荷重と摩耗の情報へ変換し収集できる。また、この技術は、加速度を計測するブリヂストンのタイヤセンシング技術「CAIS」と異なり、車両の速度に依存せずタイヤのひずみを計測可能。また、センサーの電力寿命も改善している。

ブリヂストンは、この技術により、適切なタイミングでのタイヤ交換が可能となり、メンテナンスの軽減やトラブルの未然防止につながると説明。また、自動運転における走行制御技術への活用も期待できるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る