ドローンを利用した「移動通信中継局」を共同開発――災害現場などでも携帯電話通信が可能に 京セラら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

移動通信中継局搭載ドローン

ブルーイノベーションと京セラは2020年1月9日、ドローンを利用した”移動通信中継局”を共同開発することに合意したと発表した。本技術はドローン分野での新たなソリューションとなりそうだ。

“移動通信中継局”は、災害現場などの携帯電話の電波が届かないエリアにおいて、通信中継局機能を持つ複数のドローンを飛行させ、平常時と同じように携帯電話での通信が行えるようにするという。ドローン内の通信ユニットが通信エリアを判断し、自動で通信網を形成することができるようだ。

開発では、ブルーイノベーションが移動通信中継局システム中のバックエンドシステム(サーバー対応)とフロントエンドシステム(画面インターフェース)の構築を担当。京セラは、ドローン中継局に搭載するLTE網と5G網の構築ができるセルラー通信ユニットの開発を担当する。

ブルーイノベーションが提供する、複数のドローン・ロボットを遠隔で制御し統合管理を可能にするBlue Earth Platform(BEP)等のシステム・プラットフォーム技術と、京セラが通信機器事業で培ってきた無線通信技術を融合させ共同開発する。

今後、LTE網や5G網での通信環境の構築実証を重ね、法令改正状況にあわせ、2021年度中の商用化を目指し、開発を進めていくという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る