RJ機A220用エンジン「PW1500G」のファンドライブギアシステム初出荷――エンジン運転試験に使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンドライブギアシステム

川崎重工業は2020年1月23日、フランスのAirbusのリージョナルジェット機(RJ機)A220用エンジン「PW1500G」のファンドライブギアシステム(FDGS)を明石工場から初出荷したことを発表した。FDGSはエンジン運転試験に使用され、今後は量産品を製造する。

川崎重工は、リスク&レベニューシェアリングパートナー(RRSP)方式で、アメリカのPratt & Whitney(PW)とRJ機用エンジンGeared Turbofan「PW1500G」「PW1900G」の開発・生産プログラムに参画。民間航空機用エンジン向けとして、同社初となるFDGSと燃焼器を担当している。

同社が担当するFDGSは、PWのエンジンであるGeared Turbofan engine(GTF)の優位性の根幹を成す最重要部品。GTFは燃費向上のため、FDGSを用いてファンの回転数とファンを駆動するタービンやコンプレッサーの最適な回転数を両立させ、ファンを大型化している。

これまで同社は、ギア関連プログラムに多く参画しており、開発、設計で高い技術力を評価されていることから、FDGSの製造を担うことになった。今回初出荷されたFDGSは、エンジン運転試験に使われ、今後量産品を製造する。

FDGSを採用したPW1500GとPW1900Gは、バイパス比が高く、従来機に比べ燃費を16%改善。騒音も75%低減し、CO2とNOxの排出も大幅に削減している。PW1500GはA220に搭載。PW1900GはPW1500Gの派生型エンジンで、ブラジルEmbraerのRJ機E190E2/E195E2に搭載される。A220とE190E2/E195E2の確定受注は、合計約700機と公表されている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る