テヘラン大、最新ヒューマノイドロボット「Surena IV」を公開――前世代より小型軽量化しTTS機能を搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Image: University of Tehran/CAST

イランのテヘラン大学は、10年以上にわたり開発を続けているヒューマノイドロボットの最新モデル「Surena IV」を2019年12月14日に公開した。

Surena IVは、高さ1.7m、重さ68kgの人型ロボット。Surena IVは、平たんでない場所でも直立でき、物をつかんだり、ボールを蹴ったりするほか、顔認識、握手、ホワイトボードに字を書くなどの動作が可能だ。さらに、前世代の「Surena III」より音声認識できる単語や文章が増えているほか、Text to Speech(TTS)機能を搭載していて、基本的な文を話す能力がある。

テヘラン大学は2008年からロボット開発を行っており、Surena IVはその4世代目に当たる。同大学のロボット開発は着実な歩みを続けており、自由度(DOF)も2008年の第1世代では8だったが、第2世代では22、2015年に開発された第3世代では31へと進歩を遂げている。

Surena IVは前世代のSurena III(高さ1.9m、重さ98kg)に比べて小型かつ軽量で、歩行速度も時速300mから時速700mに向上している。自由度も主にアーム回りが向上しており、合計で43となっている。

ロボットの名称のSurenaは、古代イランのパルティア王朝時代に活躍したスレナス将軍(紀元前84年~紀元前52年)にちなんで付けられたものだ。スレナス将軍は、紀元前53年のカルラエの戦いでローマ軍に大勝したことで知られている。

関連リンク

Surena IV, A Fourth Generation Humanoid Robot Design, Unveiled in University of Tehran

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る